「news」カテゴリーアーカイブ

フォーラムディスカッション【supported by “国鉄時代”】
「北辺の機関車たち」

終了しました。ご来場有難うございました。


今年もコンベンション内特設ステージでは著名人の方々をお招きし、様々なテーマのトークイベントをご用意致します。
その中でも今年度のテーマである北辺の地「北海道」を舞台に活躍した蒸気機関車にスポットを当てる注目のステージ、【フォーラムディスカッション】についてご紹介します。

冬の北海道とそこに生きる機関車たちに魅せられたお3方の共同アルバム「北辺の機関車たち」のページより抜粋して紹介。会場では大木 茂 氏、武田 安敏 氏、堀越 庸夫 氏に貴重な体験談と共に大いに語って頂きます。MCは水沼 信之 氏、山下 修司 氏。価値のある90分です。

 フォーラムディスカッション【supported by “国鉄時代”】

車たち

8月19日() 12:00~13:30
コンベンション内特設ステージにて

大木 茂 氏、武田 安敏 氏、堀越 庸夫 氏
聞き手:
水沼 信之 氏、山下 修司 氏

写真展同時開催!
コンベンション会場内【北辺の機関車たち】写真展示コーナーにて3日間常設展示致します。





北辺の地、北海道の大地でたくましく活躍をした蒸気機関車の勇姿をファインダーを通して冷静に見続けた当時の記憶と、生き生きとした蒸気機関車と人々の写真をもとに特設ステージにおいて登壇者の方にお話を頂きます。

現役の蒸機と触れ合った者にしか語れない色褪せない当時の思い出とともに今、北辺の機関車たちが時空を超えてここによみがえります!

大木 茂 氏、武田 安敏 氏、堀越 庸夫 氏
聞き手; 水沼 信之 氏、山下 修司 氏

 

<TOPに戻る>

第19回国際鉄道模型コンベンション 開催日程

第16回国際鉄道模型コンベンション

好奇心を感動に。

いろいろな鉄道模型が大集合する日本最大級の祭典。
第19回
国際鉄道模型コンベンション

テーマ:「北海道」

 開催日

2018年 8月17日()18日()19()  
10時~18時 (最終日は17時まで)

開催場所 

東京ビッグサイト 東1ホール にて開催 <アクセスはこちら>

 主催

国際鉄道模型コンベンション実行委員会(株式会社井門コーポレーション内)

 ADDRESS  東京都 品川区 東大井 5-15-3
 TEL (直通)03-3450-3499 
 FAX  03-3450-2516
 MAIL  info@kokusaitetsudoumokei-convention.jp

 

国際鉄道模型コンベンション2017 -Gallery-

2017年 国際鉄道模型コンベンション の様子

★モデラー出展の方によるレイアウト・ジオラマ・車両の展示
★企業出展による製品紹介や販売・レイアウト展示
★各種ディスカッション・クリニック・競技会・工作教室などの模様

入場されたご家族(お子様やご両親など)が興味津々に出展内容を
ご覧になったり実際にレイアウトで車両を走らせたり自由に参加して頂いておりました。
またディスカッション・クリニック・コンテスト開催時は沢山のお客様にご覧頂きました。

TOPへ戻る

フォトコンテスト・各種鉄道模型競技会結果発表!!

第18回 国際鉄道模型コンベンションで開催しましたお客様参加型コンテスト・鉄道模型競技会の結果を発表致します!

ご参加頂いた皆様、誠に有難うございました!

各競技会の結果につきましては下記ページよりご確認ください。
(※コンテスト名をクリック頂くと各競技会結果のページへジャンプします)

コンテスト名 競技(募集)内容など
「作品募集!フォトコンテスト」結果発表 2017年のテーマは「東海道本線」
「韋駄天!スピードコンテスト」結果発表 計測区間での通過速度を競う競技。今年はギネス世界記録にも挑戦!
「力自慢!牽引力コンテスト」結果発表 線路上で控車を介して牽引力を競う競技
「亀亀!低速コンテスト」結果発表 どれだけ遅く走行できるかを競う競技
「hill-climbing!登坂力コンテスト」結果発表 どれだけの傾斜を登れるかを競う競技

<TOPに戻る>

半田付け不要!お子様でも簡単な模型工作教室

※第18回(2017年)開催時の紹介ページです。

 

初心者向けにはんだ付け不要で楽しめるペーパーモデルでの車輌製作。動力部の製作から始まりペーパークラフトで作る車体の組み立てまでをスタッフのアドバイスによりお楽しみ頂けます。夏休みの思い出に最適です!

開催日 :
8月18日(金) 12:00 ~ 13:00、15:00 ~16:00
8月19日(土) 10:30 ~ 11:30、13:00 ~ 14:00、15:30~16:30
8月20日(日) 10:30 ~ 11:30、13:30 ~ 14:30

参加費: 1,000 円 [税込]

※人数制限あり

各時間帯ごとに開催します。開始時間前にブースまでお越しいただき、参加費をお支払い下さい。
開始30分前頃まで、同ブースにて関口宏君のBトレイン組立教室を行っている場合がございますので、
そちらが終了後準備が整い次第受付を開始します。

ステージイベント指定席のご案内(※終了致しました)

本年度の指定席受付は8月15日をもちまして終了致しました。

特設ステージで行う下記のイベントに指定席を設けさせていただきました。

ご希望の方は以下のフォームよりお申込みをお願いいたします。
複数のイベントのご観覧を希望される方は、それぞれの指定席をお申込みください。
【ステージイベントのご紹介はこちらよりご覧いただけます。】
お申込みいただいた方にお申込みから2日以内に指定席ご予約の受付確認メールを送信させて頂きます。
※2日経過しても確認メールが届かない場合はお手数ですがinfo@kokusaitetsudoumokei-convention.jpまで、その旨お伝え下さいますよう宜しくお願い致します。

お申込み締切日 2017年8月15日(火)

イベント名 開催日
【大石和太郎 「湘南電車から特急電車まで運転して…」】 8月18日(金)13:00~14:00
【宮澤孝一 私の鉄道趣味70年】 8月19日(土)14:30~16:00
「東海道の名優たち」 8月20日(日)12:00~13:30
【前原 誠司 鉄道趣味を語る】 8月20日(日)14:00~15:00
【乗務員が語る蒸機時代3】  8月20日(日)15:30~16:30

*指定席チケットは、当日、チケット売場(イベント指定席受付)にて、料金と引き換えにお渡しいたします。受付でお申込みされたイベント名とお名前をお申し出ください。

場所 特設ステージ最前列より先着順に見やすい席をご用意します
価格 1席 500円(税込)

指定席申込フォーム

本年度のお申込みは8/15をもちまして終了致しました。

HO1067 1/87 12mm
鉄道模型 車両半田付組立教室

今年の半田付け組立教室の題材は、「佐久のキホハニ51」です。

キホハニ51は、現小海線の前身である佐久鉄道において昭和5年から活躍をした、全長11m、車体幅2.2mの小振りな車体に客室と荷物室を兼ね備えた車輌です。IMONのスタッフによる指導のもと、エッチングを主体とした金属キットを2日間で完成させる体験教室となります。半田工作が初めての方、半田工作の基本を学びたい方等、皆様のご参加をお待ちしております。

 

キハニ40700

佐久のキホハニ51

※画像と製品の仕様は異なる場合がございます。

実施日

8月19日(土)・8月20日(日)-2日間-

各回11:00~13:00、14:00~16:30

(全4回に渡る工作になります)

参加費 組立キット価格 : 27,000円(税込)
組立工具 無料貸出
申込方法

ModelsIMON各店及びメールで受付。

下記お申込書をご記入下さい。

申請書(EXCEL)申請書(PDF)

組立対象 地方私鉄車輛【佐久鉄道キホハニ51】

 

<体験教室参加に伴う会場入場料について>
19日の入場料のみ必要になります。19日お越し頂いた方へは20日の入場パスをお渡し致します。

2017年度クリニックスケジュールのご紹介

終了しました。ご来場有難うございました。

2017年度クリニックでは、鉄道模型を題材とした18講座をご用意しました。模型のプロやベテラン・モデラーの普段は聞くことのできない貴重なお話を少人数で、間近で聞くことができる絶好の機会です。ぜひご来場ください!

開催日:           2017年8月18日(金)、19日(土)、20日(日)
\                            10:30~12:00、13:00~14:30、15:00~16:30
会 場:        東1ホール 2階 教室1・2(東1ホール入口を入ってすぐ右側にございます階段をおあがり下さい。)

クリックすると大きい図が表示されます。(PDF版)

8月18日(金)

クリックすると各講座の詳細が表記されます

【10:30~12:00 教室1】

クリニック内容
レイアウト製作において、基本的でかつ極めて重要な線路の敷設
(レール・ポイントの敷設、フィーダー線ハンダ付け、バラスト撒布)DCCシステムを活用したポイント制御や、あとあとメンテナンスを考えた新型ポイントマシンの取付など。レイアウト製作におけるトピックスを分かりやすく解説致します。
きっと貴方のレイアウト製作にお役に立てること間違いなし!講師:戸枝 裕雄 氏、中村 宏司 氏

【10:30~12:00 教室2】

クリニック内容
異なるメーカー間で連結する際のカプラー加工・交換テクニックを実演します。

講師:牛久保 孝一 氏、山本 晃司 氏


【13:00~14:30 教室1】

クリニック内容
実践方式で完成品のフィニッシュワーク(インレタ貼付・部品取付)を解説します。

講師:須藤 直樹 氏

【13:00~14:30 教室2】

クリニック内容
工作の上で億劫になってしまう塗装。そのテクニックを、動画と工具を交えて解説します。

講師:井上 栄一 氏


【15:00~16:30 教室1】

クリニック内容
工具の使い方や工夫の方法を実演を交えつつ解説します。ヒントやアイデアも紹介。

講師:馬場 富士夫 氏

【15:00~16:30 教室2】

クリニック内容
EF58各号機における形態差と模型としてのEF58をゴハチらしく見せるポイントとテクニックについて独自の視点で解説を行う。

講師:山口 貴巧 氏

*クリックすると講座の詳細が表記されます。


8月19日(土)

【10:30~12:00 教室1】

クリニック内容
ユーザーサイドから、異なるメーカー同士のNゲージカプラー取付を実演にて紹介します。

講師:牛久保 孝一 氏、山本 晃司 氏

【10:30~12:00 教室2】

クリニック内容
 

何時かは自宅でレイアウトを!と願うモデラーは数多いかと思いますが、現実は場所確保を含め至難の業! 斯くして、私もその一人でした。
そこで今回は、「自宅にレイアウトルームが持てなくても手軽に臨場感ある運転が何時でも楽める」をコンセプトとして現在製作中である、書棚タイプのモジュールレイアウト(Oゲージアメリカンナロー:On30)について、設計製作やサウンド関連のノウハウ等々を中心にお話いたします。
話のポイントは、以下の2項目です
■フレキシブルな情景ベースはそのままでストラクチャーのみ模様換え!(いわゆる着せ換え)
・以下の参考写真は同じベースでストラクチャーのみ換えたものです

■臨場感ある運転

全ての車両にサウンドを装着して入換えや様々な音などで運転を楽しむ

講師:上保 光正 氏、青柳 明 氏


【13:00~14:30 教室1】

クリニック内容
模型から見たC62を、各スケール毎に考古学的に解説。一押しコレクションの紹介もあります。

講師:藤原 進 氏
MC:名取 紀之 氏

【13:00~14:30 教室2】

クリニック内容

己亥鉄道レイアウトの建設過程の要点と特徴、それと機関区周りのストラクチャー、駅本屋、跨線橋、橋梁等をスライドで紹介します。

バックゲージ11.0~11.5mmに対応するポイント(8番)を展示し、作り方の説明をします。(13mmゲージはバックゲージが昔11.0mmでしたが、スパイクモデルが発売した車輪が11.5mmとしため、篠原のポイントは通過できなくなりました。また、珊瑚は現在11.2mmとしています。このような現状から11.0~11.5mm対応のポイントを作ってみました。)

橋梁上の枕木付レールの製作見本を展示し説明します。(橋梁上は枕木長さが長く、枕木間隔が短くなっていますので、枕木にプリント基板を使用してレールをハンダ付けとする方法をとりました。)

講師:鈴木 英一 氏


【15:00~16:30 教室1】

クリニック内容

1枚のペーパーから完成する車両。完成させて様々な動力で走行させる姿を紹介します。

講師:大久保 健二 氏、赤城 隼人 氏

【15:00~16:30 教室2】

クリニック内容

アーノルドカプラーでは物足りない、各メーカーの車両に取付可能でスマートなカプラーの提案。

講師:関 良太郎 氏(KATO)、山本 晃司 氏(みやこ模型)
宮代 博之 氏(Models IMON)
MC:水沼 信之 氏

*クリックすると講座の詳細が表記されます。


8月20日(日)

【10:30~12:00 教室1】

クリニック内容

ブルトレから急行列車・普通列車・荷物列車まで東海道本線の旅客列車の先頭に立って活躍したEF58について、昭和30年代後半から昭和50年代における活躍を振り返り、撮影時の想い出、エピソード、運用にまつわる話などを中心に、その当時に撮影した写真とともにその魅力を語ります。さらに東海道本線で見られたEF58の中で、美しい外観の麗機をピックアップし、その写真とともに、その美しさの魅力を振り返ります。講師:成田 冬紀 氏

【10:30~12:00 教室2】

クリニック内容

 

私は激団サンポールというクラブに所属し、主にモジュールレイアウトを中心に製作し活動しています。
当クラブの活動を紹介し、モジュールレイアウトの魅力とその楽しみ方についてお話します。

また、モジュールレイアウト製作の実際として、より魅力的な「魅せる」モジュールレイアウトを作成するためのポイントを、具体的な製作事例などを見ながら解説していきます。

講師:畑 照明 氏

 


【13:00~14:30 教室1】

クリニック内容
1:旧型国電のお約束解説

とっつきにくいと言われる旧型国電の奇数偶数の話や、模型化で悩む編成の話など、旧形国電模型作りの前段で困る事柄を解説します。

2:モデラー目線で見た旧型国電

実物の旧形国電について飯田線車輌を中心にして、モデラー目線で見た電車の構造や細部のディティールについて写真を中心に解説。

3:モデリング工程を紹介

実際の旧形国電の工作過程について、メイキング画像を中心に解説します。

講師:宮下 洋一 氏、大久保 健二 氏

【13:00~14:30 教室2】

クリニック内容
珊瑚模型のC59キットの組立と熊本機関区1号機へのディティールアップの体験談を紹介します。

また 当機関車で初挑戦したウォッシングによるウエザリングのテクニックを実演。

講師:本荘 裕二 氏


【15:00~16:30 教室1】

クリニック内容
模型の仕入で往復した昭和20年代の東海道本線。当時の様子を語って頂きます。

講師:佐竹 保雄 氏

【15:00~16:30 教室2】

クリニック内容

一度知ってしまうとサウンド無しには戻れない?各メーカーからの楽しみ方を提案します

講師:関 良太郎 氏(KATO)、中山 智晴 氏[天賞堂)
宮代 博之 氏(Models IMON)
MC:水沼 信之 氏

*クリックすると講座の詳細が表記されます。

関口宏君のBトレ組立教室

 関口 宏 君のBトレ組立教室

開催日 : 8月17日(金) 10:30 ~ 11:30  13:30~ 14:30
8月18日(土) 11:45 ~ 12:45  14:15 ~ 15:15
8月19日(日) 12:00 ~ 13:00

※参加費:無料・人数制限あり

例年開催し、ご好評を頂きました、Bトレインショーティーを用いた体験教室を今年度も開催!
Models IMON 秋葉原店の関口 宏 君が楽しく分かりやすい模型工作を是非お楽しみください!

 

 

btra_person

スピードコンテストでギネス世界記録™に挑め!


世界ナンバーワンは、誰だ!
“Fastest railway model”

スピードコンテストでギネス世界記録に挑め!

2017年8月18日(金)
国際鉄道模型コンベンションの名にふさわしく、ついにスピードコンテストでギネス世界記録樹立を目指します!この夏ビッグサイトで繰り広げられる熱い闘いにご自慢の車輌でご参加下さい。

スピードコンテストエントリーはこちら!

ステージイベントのご紹介

 終了しました。ご来場有難うございました。

第18回コンベンション内特設ステージでは著名人の方々をお招きし、様々なテーマのトークイベントをご用意致しました。

魅力的なステージの数々を多くの皆様にご観覧いただきました。


8月20日(日)12:00~13:30

フォーラムディスカッションsupported by “国鉄時代”
「東海道の名優たち」

登壇者:久保 敏 氏、三宅 俊彦 氏、滝口 忠雄 氏
鈴木 英一 氏、町 茂樹 氏(天賞堂)

聞き手:水沼 信之 氏(JAM初代会長)、山下 修司 氏(国鉄時代編集長)

久保敏氏
久保敏氏

三宅俊彦氏
三宅俊彦氏

滝口忠雄氏
滝口忠雄氏

鈴木英一氏.jpg
鈴木英一氏

町茂樹氏
町茂樹氏

水沼信之氏
水沼信之氏

山下修司氏
山下修司氏
1978年5月22日 東京機関区
1978年5月22日 東京機関区 (滝口忠雄 氏)
機関士としてハンドルを握ってきた電気機関車のエピソードを紹介
レイアウト
レイアウト(鈴木英一氏)
模型で制作してきた「東海道の名優」たちの紹介
特急【こだま】三島付近
特急【こだま】三島付近(三宅俊彦氏)
東海道本線の黄金期に行き交った列車のお話


P:河村 かずふさ
1962年9月2日

1914年の東京駅の開業以来、日本の鉄道の発展と伴に歩み、戦前・戦後から高度成長期を経て現在に至るまで日本の大動脈として数々の名列車や名車輛を生み出してきた東海道でしたが、数々の名優たちもその後のダイヤ改正時に廃止され運用を離脱して行きました。今回は、その様な名優たちにスポットを当てパネラーの皆様にそれぞれの名優を存分に語って頂きます。


8月19日(土)14:30~16:00

■私の鉄道趣味70年
宮澤 孝一 氏

昭和22年1月に最初のシャッターを切って以来今年でちょうど70年。鉄道の変遷を、そして趣味の変遷を最前線で見続けてきた宮澤 孝一さんが、貴重な写真や資料とともに鉄道趣味を縦横無尽に語り尽くす必見の一時間。聞き手:名取 紀之 氏


8月20日(日)14:00~15:00

■前原 誠司 鉄道趣味を語る

衆議院議員 前原 誠司 氏

国土交通大臣、外務大臣を歴任し、政界の論客として知られる衆議院議員 前原 誠司さんは幼い頃からの大のレイルファン。ことに蒸気機関車に関する知識は「形式」ではなく「番号」で語るほど深く、激務を縫って自ら撮影に出かけることも…。そんな前原 誠司さんが、いちレイルファン=私たちの仲間に戻って鉄道への趣味的思いを語るスペシャルトーク。見逃せません!聞き手:名取 紀之 氏


 8月18日(金)11:00~12:00

      8月20日(日)10:30~11:30

■女子鉄アイドル 伊藤桃さん鉄道トークショー

伊藤 桃 さん

アイドルとして活躍をするかたわらJR旅客鉄道全線の乗車を達成、「桃のふわり鉄道旅」を執筆する等、大の鉄道ファンとしても知られる伊藤桃さんによるトークショーです。東海道線での思い出等を写真とトークで振り返ります。聞き手:赤城 隼人 氏


8月18日(金)13:00~14:00
■大石和太郎 「湘南電車から特急電車まで運転して…」
大石 和太郎 氏

初代湘南電車の80系から「こだま」形として華々しいデビューを飾った151系までを実際に運転をされた思い出とエピソード、秘話等を貴重な映像の数々と併せてお話頂きます。聞き手:赤城 隼人 氏


 8月20日(日)15:30~16:30

■シリーズ乗務員が語る蒸機時代3

川端 新二 氏、宇田 賢吉 氏
聞き手:大山 正 氏


川端新二氏「ある機関士の回想」、宇田賢吉氏「鉄路100万㌔走行記」、大山正氏「仙臺物語」を軸として蒸機の機関士、機関助士として貴重な体験談をお話頂きます。

西村慶明のイラスト展と東海道大レイアウト

※第18回(2017年度)開催時の紹介ページです。

開催期間中展示の【西村慶明のイラスト展と東海道大レイアウト】をご紹介します。繊細なイラスト画家で知られる西村慶明氏が見つめた東海道の様々な場面を写真とは異なる独自のタッチで表現力豊かに描かれた美しいイラストを多数展示致します。
併せて東海道をイメージした5m×2.5mのNゲージ大型レイアウト上を走り回る東海道を代表する様々な列車をお楽しみ下さい!

西村 慶明 氏

期間中展示【宮下洋一ジオラマワールド】のご紹介

※第18回(2017年度)開催時の紹介ページです。

開催期間中展示の【宮下洋一ジオラマワールド】をご紹介します。
忘れられない心象風景のもとに作者が作り込んだ精密なジオラマの世界に踏み込んだら誰しもが決して抜け出すことが出来ません。
懐かしの昭和の思い出とともに地鉄電車が、のんびりと走る数々の作品をぞんぶんにお楽しみ下さい。
併せて未発表の旧型国電も一堂に展示致します。

宮下洋一氏

企業出展者様事前説明会を開催しました


本日午前 9:30より第18回国際鉄道模型コンベンション企業出展共同説明会を行いました。
品川区民会館「きゅりあん」6階 中会議室までご出席頂きました16社の企業の皆様、誠に有難うございました。
説明会では、第18回国際鉄道模型コンベンションを開催するにあたり当実行委員会の考え、今年度の開催に関する思いなどをお話しするとともに、備品関係のご説明、搬入時の注意事項等、開催に関する資料をお渡しさせて頂きました。
ご出席された企業の皆様より、出展者様・ご来場者様双方の視点からのご意見・ご要望など、たくさんのお話を伺わせていただきました。
開催まで残すところ2か月を切りましたが、準備・企画を練り上げ、昨年度以上のコンベンションを目指したいと思います。
当HP・facebookでも様々なイベント・コーナー等を告知し、内容を充実させていきますので今後とも宜しくお願い致します。

また、当日ご参加頂けませんでした企業様には、後日資料等を送付させて頂きますので、ご一読の際にお気づきの点、ご要望等ございましたら当会へメール等で問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

-今年度ご出展企業様一覧はこちら-

第18回 国際鉄道模型コンベンション 出展企業様のご紹介

※第18回(2017年)国際鉄道模型コンベンション 出展企業様のご紹介です。
第18回は51企業様ご参加となり、多くの方々にご出展頂けることとなりました。
お申込み頂きました皆様にこの場をお借りしましてお礼申し上げます。

※掲載内容等の修正や停止は実行委員会までご連絡ください。

【Railway Shop(T Gauge)】
【モデリング】

※出展申し込み受付順にて表示しています。